ダウンスイングによるスウェイを防止する練習方法! 〜バランスディスク編

いつ梅雨に入るのかドキドキのNAOKIです!😙
昨日はプライベートラウンドで、センチュリー三木ゴルフ倶楽部へ行って参りました⛳️
絶好の天気、綺麗なコース、美味しいご飯をいただいてリフレッシュ🤩

さて、今回は、経験者の方にも多いダウンスイングでの『スウェイ』について、バランスディスクを用いてレッスンいたしましたので、そちらのご紹介です😉

バックスイングでのスウェイは初心者の頃によく言われるポイントだと思いますが、経験者ほど、『体重移動』『左に踏み込む』『腰回す』意識を持つことにより、ダウンスイング時にスウェイする傾向が多く見られます🧐

そこで、左足のみにバランスディスクを踏んでいただき、まずは流れていないかどうかのチェック❗️
流れていると、シャンク・ダフリ・フックなどなど…ラウンド中に出ると痛いミスに繋がります🤣

現象に多いのは、
『左サイドが開いてしまう』、
体重移動の際に『前傾キープが出来ずにお尻や股関節が前に出てしまう』
ことでした。

改善方法としては、バックスイングからインパクトまでの素振りを何回か入れる❗️この時に、左足踵に荷重をかける意識を持ってください🦵
その意識で上手くいく生徒さんは多くいらっしゃいましたよ😁
また、バランスディスクがあることで、明確に気付けるのがポイントです❗️
気付きがあれば反復練習で必ず克服できると思いますので、頑張ってくださいね😉

動画もあるので、ご覧ください👇

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、誰一人として同じスイングというものは存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。