腕の脱力でヘッドスピードアップ!!

先週のプレーオフ最終戦、タイガーウッズが5年振りに復活優勝😆
通算80勝❗️本当に嬉しい😂のですが、先日の台風でスカパーアンテナが故障し、ゴルフネットワークで観戦出来ませんでした😭タイミング悪ー💧
でも、これからまた、強いタイガーを見られるのが楽しみです😊
タイガーの優勝争いする試合を観ていると、いつも知らない間に力が入ります✊

が、ゴルフでは脱力がとても大事😉

NAOKIゴルフ塾では、ヘッドスピード測定器を用いて、『腕の脱力』が出来ているかのチェックを行っています😉‬
‪方法は、通常の素振りと、クラブを逆さまにした素振りと両方のスイングでヘッドスピードを計測し、その差がどれくらいになるか、という簡単シンプルなものです😆‬
ヘッドスピードは、単純に考えると、重たい物よりも軽い物を振る方が速くなるはずですよね😌
この場合、通常の素振りよりも、クラブを逆さまにした素振りの方が、ヘッドの重みがない分、計測されるスピードは断然早くなるはず、という理論です。

そこで、今回は男女の生徒さんをチェックいたしました。
するとお二人とも、逆さま素振りの方が約3〜4m/sほどヘッドスピードがアップ。理論通りではありますが、そこまで早くなった!という数値ではありません。
しかし私は、逆さま素振りで12.9m/sアップいたしました。
この差はどういう事かと言いますと、腕や肩(肩甲骨)に力が入っていると、軽い物でもあまり速く振れないという事です😅

対応として、『肩甲骨剥がしストレッチ』と『ワッグル』をお伝えいたしました❗️
この二つについては、また追い追い、このブログで紹介してまいりますね😉

今回、ヘッド側とシャフト側をスイングした動画もあるので、是非ご覧ください👇

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、誰一人として同じスイングというものは存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。