パターでショット! 〜すくい打ち改善ドリル

雨予報が曇りになったと思いきや、急に雨が降ったり、コロコロ空模様が変わって掴みづらい今日この頃、洗濯物など大変ですよね💦
NAOKIは洗車するタイミングを、ここ最近いつも悩んでいます😂

さて、今回は

『パターを使いボールを芯で捉える』

というレッスンをご提供✨

テニスや卓球で弾道の高さを変えたい時は、フェース(面)の角度を少し変えて打ちますが、ゴルフでも同じようにフェースの角度を変えてボールをあげようとすると、球がクラブのリーディングエッジ(刃)に当たりミスとなってしまいます🤣
パターで低いライナーを打つ練習をし、その後、通常のクラブで同様のスイングをしていただく事で、ボールをあげようとする無意識下の癖を修正していただきます😉
ゴルフクラブにはそれぞれ番手のロフト角度が設定されているということをしっかりと再認識し、ボールはそのロフト角度が勝手に上げてくれるので、フェース面の角度を変えてはならない、つまりインパクトの形は全て一緒であると言うことを、体に覚え込ませようというレッスンですね😊

パターはロフト角度が2°〜5°くらいなので、ほぼ直角になります。ボールをあげようとする、いわゆる『すくい打ち』をしていると、芯で捉えるのがとても難しくなります。
パターで打つ球の弾道は、低いライナーとなるのが正解💡ロフト通りに打てた、ということになります。
※パターでフルスイングをお試しになる時は周りにご注意ください🙇‍♂️

また、バックスイングにおける

フェース角度のチェック

も出来るので、まさに一石二鳥のドリルです😁


身に付くまでは難しく感じる事もあると思いますが、とても大切なポイントとなりますので、ぜひ繰り返しの反復練習をお願いいたします❕😌

NAOKIゴルフ塾 / 大阪 堺市のゴルフスクール

ゴルフのスイングは初心者からベテランの方まで何かしら必ず悩みがあるもの。 体型や動きの癖など、そのフォームは千差万別で、誰一人として同じスイングというものは存在しないと思っています。 NAOKIゴルフ塾では、その方特有の癖やフォームに合わせて、お悩みを解決できるレッスンを提供いたします。